FPのためのホームページ > マスコミ取材 > 中部経済新聞5月26日に掲載されました。

中部経済新聞5月26日に掲載されました。 (2010-06-05)

cyukei20100526-250px

独立系のファイナンシャルプランナー(FP)や中小企業診断士、行政書士といった士業事務所のウェブサイト制作・運営に強みを発揮する、アイトレンド (名古屋市中区錦1の20の8・カーニープレイス名古屋伏見ビル4階、志水潔代表、電話052ー231ー3602)。09年9月に志水代表が立ち上げた。

 志水代表は、元ソフト開発会社の企画開発部門の責任者の立場で、銀行や生命保険会社の営業支援システムを手がけてきた。業務内容が理解できる分野。どんなホームページ(HP)が理想なのかを盛り込んだ「パッケージソフト」をこのほど開発。情報処理技術と金融知識の強みを武器として今後、事業領域を拡大したい考えだ。

販売開始したソフトは、その名も「FPがつくったFPのためのHP」>「士業のためのHP」

「FPや士業事務所では、講演会などのイベントの告知や自身の活動内容、専門分野の情報発信が重要となる。そのためHPの更新頻度も高い」として、HP開設者が簡単にHPを更新できるウェブコンテンツ管理システム(CMS)を用いて、入力用のブログ画面に書き込んだ内容が自動的にHPに反映されるのが特徴だ。情報入力には、オープン系ソフトである「ワードプレス」を活用することで、操作性を向上した。

初期制作費5万8千円(税抜き)からの 「お手軽プラン」があり、低価格でHPを開設できる点を全面に打ち出す。

 お手軽プランのほかにも、SEO(検索エンジン最適化)対策を行う「お勤めプラン」 (税抜き10万8千円)や、SEO対策に加えてトップページのオリジナル制作も行う「オリジナルデザインプラン」 (同20万8千円から)と3プランを設定。サーバー設定費用とサーバー利用料はいずれも別途必要となる。

 今後、FPなど金融系の情報サイトの運営や、会員制の地域情報サイト(SNS)にも乗り出す考えだ。 志水代表は、「営業で苦労しているFPなどのサポートをウェブを通じて展開したい。生活関連情報を発信するポータルサイトが構築できれば」と話している。